3分知恵袋

本はなぜ日焼けする? 原因と対策が分かれば予防法も簡単!!

  • 本を買って読んだ後、気に入ったものは、どうしていますか?


    手元に置いておきたいと思ったら、机のブックスタンドや、本棚に立てて保管しておきますよね。


    しかし新品で白かったはずの紙に、日焼けができることがあります。


     


    周囲が黄ばんだ紙を見たとき、気に入っていた本ほどショックが大きいです。


    そもそも紙は何で、焼けると黄色くなるのでしょうか?


    理由が分かれば、防いだり直したりすることもできます。


    今日はその、とっておきの方法を紹介します。


    なぜ紙は日焼けする?


    本に使われる紙は製造過程で、化学薬品も使われています。


    紙に含まれる成分は、紫外線と酸素に触れ、高い湿度や気温にさらされると化学変化を起こし、違う成分に変化してしまうことがあります。


    これが紙の黄ばみの原因です。さらに進むと茶色くなっていきます。この状態をヤケと呼びます。


    また、空気に触れている縁以外の場所に、点のように黄ばみが出ることもあります。これは虫や食物などの付着が原因なので、清潔に保つ必要もあります。

    続きを読む
キーワード